うつ病薬のデパスの代わりになる医薬品はあるの?一体どれ?

デパスの代替薬はある?どんな薬?

デパスの代替薬はある?どんな薬?

気持ちを落ち着ける作用が強く、即効性もあるデパスは、服用を続けている人の多い薬です。

心療内科や精神科でデパスを処方される例としては、抑うつ状態であると判断された場合、不眠症の傾向にあるという場合、不安感が強くあらわれる場合などがあります。

比較的多くの症状に効果があらわれますので、デパスがあれば安心であるとして恒常的に服用している人も少なくありません。

その一方で、デパスは処方箋の必要な医薬品ですから、手に入れるためには必ず心療内科や精神科に行き、医師に診察をしてもらって、処方箋の発行をしてもらい、薬局で購入するという流れとなります。

病院にいく時間が思うように確保できないという人にとっては、その煩わしさが問題となる場合も多いものです。

デパスの中に含まれている有効成分は「エチゾラム」という物質で、きわめて即効性があります。

不安を取り除く効果をしっかりと得られる薬ですので、入眠をスムーズにすることや、落ち込んでいる気持ちを引き上げて日常生活を楽に行えるようになることが期待されます。

筋弛緩の効果もありますので、肩こりなどの筋肉のこわばりの解消といった目的でも処方される場合もあります。

強い効果のためにきわめて人気の高い薬ですが、その一方で耐性が付きやすいことや依存しやすいことなども特徴として挙げられ、乱用やオーバードーズが問題視されるようになっていました。

そしてデパスは、2016年に「向精神薬」として指定されましたので、個人輸入に関しても一切できなくなってしまいました。これまでデパスを日常的に使用していた人には、かなり困る事態となっていることも想像に難くありません。

そこでデパスの代わりとなる代替え薬を個人輸入での購入を検討してみることがおすすめです。個人輸入が制限されていないデパスの代わりの薬品はどのようなものがあるのでしょうか。

デパスの代わりとして有名な薬に「バスパー」というものがあります。バスパーは有効成分が「ブスピロン」というものです。不安感を取り除くことや睡眠に関する問題を取り除くことなどで、デパスとほぼ同様の効果が期待できる薬品です。

そのような理由からバスパーを個人輸入で購入する人も見られるようになっています。実際にデパスからバスパーに服用する薬品を変更したという人も少なくありません。

効果は少しずつあらわれるためデパスと比較して依存性が低いというメリットもあります。代替え薬としてお勧めできる薬品と言えるでしょう。