うつ病薬デパスの代替薬のバスパーって一体どんなお薬?

バスパーはデパスの代わりになる薬?

バスパーはデパスの代わりになる薬?

2016年10月から法規制によってデパスの個人輸入が制限されるようになり、デパスの代わりになる抗うつ薬・抗不安薬・精神安定剤を求める人が急増しました。

デパスの代わりとして注目を浴びている薬はいくつかありますが、中でも人気を上昇させているのがバスパーという抗不安薬で、セロトニン5-HT1A受容体作動薬アザピロン系の非ベンゾジアゼピン系系統に属しています。

有効成分ブスピロンの働きで脳内伝達物質セロトニンの神経活動を刺激してドーパミンやアドレナリンといった高揚感を高める神経伝達物質の作用を活性化することで不安感や緊張・うつ状態を緩和して行きます。

不安を抑えることが可能なため脳内の興奮を鎮めることにも役立ち、寝付きが悪くなる入眠障害など不眠の改善にも役立つとされます。

バスパーは服用後ゆっくりと効き目があらわれ始め穏やかな作用で効果を発揮する抗不安薬ということで、比較的依存しにくく副作用も少なめとされており、デパスよりも安心感がある薬とも言われるほどです。

従来の抗不安薬よりも利点が多いことから世界では多くの国が承認しているバスパーですが、日本では未承認ということで入手には個人輸入代行の通販ショップが頼みの綱となっています。

通販では特許満了後に登場したバスパージェネリックが先発薬と同等の効果効能を持ちながら安価に販売されているということで人気を博し、まとめ買いをする人が急増中です。

デパスの個人輸入が制限されるようになって以降、代わりとなる抗不安薬を探していた人にとって非常にありがたい薬で、しかも安価なジェネリックがいつでも買えるというのは不安やうつ・不眠に悩む人にとって非常に安心感があり、その点も気持ちの安定に役立っていると言えます。

重篤な副作用が起こりにくいとされる薬ですが、抗不安薬を飲み慣れている人もバスパージェネリックの服用にあたっては注意書きを熟読して用法用量をきちんと守って服用して下さい。

抗パーキンソン病薬や一部の抗ヒスタミン薬など併用不可とされている薬をしっかりと把握しておくことや、妊娠中や授乳中・妊娠の可能性がある人、高齢者や肝臓・腎臓に疾患があるなど服用不可とされている人は気分を良くしたいからと飲んでしまわないよう用心する必要があります。

服用後にめまいや立ちくらみ、眠気などが生じることもあるため車の運転や高所での作業も避けたほうが安心で、何らかの異変を感じた際は医師や薬剤師に相談することが大切です。