デパスの代わりや代替え出来るうつ病薬って本当にあるの?

うつ病薬のデパスってどんな薬?

うつ病薬のデパスってどんな薬?

デパスとはうつ病薬として主に処方されている薬剤です。こちらを服用すると気持ちが軽く安定してきます。エチゾラムと言われている成分が主成分で、ゆっくりと緊張感をほぐす効果を期待する事が可能です。デパスは肩こりを予防する効果もあり、肩こりがひどい場合には心療内科以外の診療科で処方される場合もあります。精神科の中では比較的依存性かま低い薬剤で知られており、誰でも安心して利用する事が出来る薬剤として有名です。

デパスの代わりになる抗不安剤一覧

デパスの代わりや代替え薬になる薬とは?

デパスの代わりや代替え薬になる薬とは?

デパスの代わりや代替え薬になる薬としてバスパーがあげられます。バスパーは、セロトニンを刺激したり、気分を高揚させるアドレナリンなどを増強させる作用があります。そのため、うつ病や不安障害に悩む方に効果を発揮します。不安感を鎮める作用もあるので、寝つきが悪く入眠までに時間がかかる人にも処方されている薬です。効果を発揮するまでに1~2週間かかりますが、その分副作用を起こすリスクが低く安心して服用できます。

通販で購入できるデパスの代わりはこちら

デパスの代わりになるバスピンとは?

デパスの代わりになるバスピンとは?

デパスの代わりとなる「バスピン」は抗うつ剤の「バスパー」のジェネリック医薬品です。バスピンの良い点は、ほかの抗うつ剤と比べて副作用が少ないことです。脳内伝達物質であるセロトニンを増やして気持ちを高める神経物質を増やし、緊張や不安、憂鬱感などの気持ちを抑えてくれて精神を安定させてくれます。不眠症の改善にも役立つ薬です。残念ながら日本ではまだ厚生労働省の認可を受けていませんが、海外では広く使われている薬となっています。

デパスの代わりになるバスパーとは?

デパスの代わりになるバスパーとは?

デパスの代わりとして人気のある薬がバスパーです。精神を安定させる作用があり、不安障害・うつ病・睡眠障害などに効果的です。また、向精神薬に指定されている成分は含まれていないので個人輸入でき、依存性の少ない安全性の高い薬です。効果がゆっくり現れるため、副作用も少ないですが、めまいや頭痛、神経過敏などの症状が出る場合もあるので注意しましょう。併用が禁止されている薬もあるため、医師に相談して安全性を確認してから使用すると良いです。

デパスは病院でも処方されなくなった?

デパスは病院でも処方されなくなった?

デパスは、不安や緊張を鎮める抗不安薬に分類されて、即効性があり効果が比較的に強いので依存性が高い薬です。精神科や心療内科、内科や整形外科など幅広い診療科で出しますが、依存しないためにも医師は注意して、処方する必要があります。処方されなくなったというよりは、患者様の希望通りにそのままデパスを出すのではなく、その方の体調や状態に合わせてベストな方法で処方することを心掛けています。抗不安薬なので服用の際にはいくつか注意が必要であり、医師としっかり相談の上、服用することをお勧めします。